「AGA」というと、男性だけと決めつけていませんか。

 

「AGA」は男性だけではありません

 

確かに病名は男性型脱毛症といいますが、実は男性だけに起きる病気ではありません。女性にも発症する可能性のある病気なのです。男性型と言いますが、これは男性ホルモンの働きに異常が起きるという意味です。男性ホルモンは、男性だけでなく、女性の体内にも存在するものです。ですから、その男性ホルモンの働きがおかしくなることで、「AGA」が起きてしまうのです。ですから女性も男性同様に脱毛症になるのです。毛髪幹細胞は生きており、頭皮から出てきた部分が脱毛するのがこの「AGA」の症状ですが、女性にも起きるのです。「AGA」治療は、男女を問わず行われています。

 

男女関わらず、原因をつきつめ、症状をしっかりと掌握し、体質と頭皮の状態に合わせた適切な処置をし、根本的な治療をしていくのです。そうすることで「AGA」の症状が改善すると考えられているのです。実際に全国にある「AGA」を専門的に治療しているクリニックなどで女性を治療しています。基本的な脱毛の仕組みは同じですから、治療自体に男女別はありません。同じ「AGA」の症状でも、女性は男性以上に悩みは深刻でしょう。市販の育毛剤などに頼らず、医療機関でしっかりと診察してもらった上で、治療をしてもらうべきでしょう。