AGA治療の種類

 

AGA治療で信頼度の高い病院は?AGA治療の効果・費用も解説

 

AGAは若はげとも言われますが、男性型脱毛症のことを言います。髪の毛の生え際や頭頂部に多く見られ、徐々に脱毛や薄毛が進んでしまう、進行性です。大きな原因は男性ホルモンの影響がありますが、ストレスや睡眠不足といった生活習慣や遺伝が原因となっていることもあります。

 

AGAの治療は専門に行っているクリニックに行くのが良いです。一般の皮膚科では頭部撮影などは行いませんが、専門クリニックでは頭部撮影はもちろんのこと、血液検査をし、何の栄養が足りないのかといったことも見ます。希望すれば遺伝子の検査を行うことも可能です。問診や触診、視診を行いAGAと診断されると治療が開始されます。

 

AGAは薬物による治療が主になりますが、クリニックによっては頭皮のマッサージを行うところもあります。薬物の治療ではミノキシジルやプロペシアといった薬を使うことが多く、この2つの薬はAGAに効果があるとされています。ミノキシジルは外用薬の場合、薬局でも買うことができますが、内服薬はAGAの専門クリニックでないと処方してもらうことはできません。ミノキシジルには血行を良くし、毛根に栄養を行き渡せる効果が、プロペシアには脱毛やはげの原因となる男性ホルモンを抑制し、脱毛を遅らせる効果があります。どちらも副作用が出る確率は低く、信用性の高い薬となっています。

 

ミノキシジルやプロペシアの使用の他に、頭皮に薬剤を注入する方法があります。この方法は育毛メソセラピー療法と呼ばれ、クリニックによっても施術の方法が異なります。ニードルと呼ばれる注射やレーザー、ローラー、ノーニードルといったやり方があり、薬剤にはミノキシジル等の薬の他に成長因子やビタミン、アミノ酸など発毛に必要な栄養素を使い、直接働きかけを行います。この方法は薬を内服するよりも若干費用が高くなります。
AGAは治療を開始してもすぐに良くなるわけではありません。効果が出るまで半年ほどかかるので、継続して治療を行うことが大切となります。

AGA治療薬|ミノキシジルとプロペシアの効果・副作用は?

 

AGA治療で信頼度の高い病院は?AGA治療の効果・費用も解説

 

AGA治療薬には、ミノキシジルとプロペシアという二つの薬があります。ミノキシジルに関しては大きな副作用が発症することは殆ど無いのですが、プロペシアに関しては患者の身体に副作用が出てしまうことがあるので利用するときにはどのような薬なのかを理解しておきましょう。

 

ミノキシジルと言うのは、頭皮の血液の流れを活性化させるためのものです。ミノキシジルには血管の拡張作用がありますのでこれを利用すると髪の毛に対して必要な栄養分を効率的に運搬することが出来るようになります。どれだけ髪の毛に良い栄養分を摂取したとしても、それを頭皮にきちんと伝えることが出来なければ全く意味がありません。特に、薄毛が進行している人の頭皮の状態は固くなっている傾向にあるため、血液の流れを良くして頭皮の状態を改善することが必須になります。ミノキシジルはこうした環境を整えることに一役買っています。

 

そして、もう一つ重要な薬がプロペシアという薬でこの薬を利用すると人間の体内の男性ホルモンの働きを抑制することが出来るようになります。プロペシアがミノキシジルと異なって副作用が出やすいのは、この男性ホルモンの働きを抑える効果があるからにほかなりません。

 

男性ホルモンが抑えられますので、男性がこれを利用すると性欲がなくなって精力が減退してしまうことがあります。実際に、副作用として報告されている症例には精力減退が最も多いことがわかっています。また、男性ホルモンを抑えるという強い薬であるため初めて利用した一定の期間に関しては初期脱毛という症状が起きます。

 

これは、頭皮にある古い髪の毛が一気に抜けていく症状のことを言いますので、これは副作用と言うよりもプロペシアの薬の効果であると言ったほうが正しいです。初期脱毛が始まってそれが収まるとAGAの治療が次のステップにはいったことを意味するので、薬を利用するときにはこうした効果や症状が出るということを知っておきましょう。

AGAの治療にかかる費用は、方法や期間によって異なります。

 

AGA治療で信頼度の高い病院は?AGA治療の効果・費用も解説

 

市販の育毛剤などを使うだけなら月々ほんの2〜3000円で済むでしょう。しかし市販の育毛剤がAGAの治療といえるかは疑問です。頭皮の血行を良くし、本来の髪の働きを活性化させることが目的ですので、そもそも毛が抜け落ちてしまっていて悩んでいる、という人には根本的な治療にはなりません。しかし毛穴に詰まった皮脂などで薄毛になっている人であれば、効果を感じることができるでしょう。要するに程度問題です。医者に行くほどではない、というならこれでも構わないでしょう。

 

スーパーなどで誰でも買える育毛シャンプーやトニックではなく、医薬品である育毛剤を試してみるのも1つの方法です。医薬品は一定の効果が認められているものですから、育毛シャンプーよりは効果が期待できるでしょう。この場合は月に8000円程度の出費を覚悟しなければなりません。病院に行かずにできる治療としては、ここまでです。頭皮マッサージなども自分でできる手軽な方法です。

 

次に病院に行く方法です。病院にはさまざまなAGA治療法があります。内服薬、塗り薬、育毛促進剤をはじめ、注射や植毛などもあります。基本的に健康保険は適用されません。なぜなら薄毛は病気とは見られていないため、治療とは認められないからです。美容整形やレーシック手術と同じような扱いになり、すべて自費です。それだけに費用は気になるところでしょう。但しAGAの原因がほかの病気の副作用によるもんであるなど、特別な事情があれば、保険適用が認められるケースもあります。

 

気になる費用ですが、塗り薬や飲み薬はそれぞれ月に1万円前後が相場です。併用すれば2万円前後になるでしょう。但し後発医薬品で良ければ半分以下に抑えられます。費用を抑えたい人は、後発医薬品を扱っている病院を選びましょう。発毛注射は1回3万〜9万前後と薬剤によってかなり差があります。高額なだけに多くの人に効果があります。植毛は植える本数にもよりますが、最低でも30万円程度、多くの場合、100万円以上になります。

AGA治療は、早ければ早いほど改善できる可能性が高いとされています。

 

AGA治療で信頼度の高い病院は?AGA治療の効果・費用も解説

 

早期治療が有効とされる理由は、AGAは常に進行し続ける症状だからです。
たとえば、同じ薄毛の円形脱毛症なら、原因を取り除けば自然に髪の毛が生えて治癒します。
しかし、AGAは治療で原因を取り除くことができても、自然に髪の毛が再生することはありません。
抜けてしまった髪の毛は自然に再生しないので、AGA治療は早めに始める必要があります。

 

また、AGAの進行を放置しておくと、髪の毛はどんどん抜けていきます。
自然治癒する症状ではないので、AGA治療が遅れるほど薄毛になるのです。
薄毛になった状態からAGA治療を始めても、効果を得るまでに長い時間がかかります。
しかし、早期にAGA治療を受けていれば、抜け毛の数が少ないので短期間で効果を得られます。

 

さらに早期治療がもたらす影響は、頭部の状態だけではありません。
髪の毛が少ない段階でAGA治療をして増やすと、周囲の人に治療をしたことがバレます。
なかには薬などで治療したと思わずに、植毛やかつらの効果だと勘違いする人もいるでしょう。
しかし、症状が進行する前にAGA治療を始めたら、髪の毛が増えても気づかれることはありません。
他人に植毛やかつらをしたと勘違いされる恐れも、一切ないでしょう。

 

もちろん早めに治療をしておけば、薄毛を気にする必要もなくなります。
薄毛に悩んでいると、周囲の目線が必要以上に気になり、余計なストレスを感じてしまいます。
ストレスは薄毛を進行させる理由の一つですから、さらに抜け毛が多くなるでしょう。
そうするとさらに他人の目が気になりだしと、負のスパイラルに陥っていくわけです。

 

早めにAGA治療を受けておけば、他人の目は気にならなくなります。
ストレスも感じなくなり、負のスパイラルから抜け出すこともできるでしょう。
最近抜け毛が増えて薄毛が気になりだしたら、すぐにクリニックで治療を受けてください。

若ハゲの原因は?生活習慣?ストレス?

 

AGA治療で信頼度の高い病院は?AGA治療の効果・費用も解説

 

男性の中には若ハゲに悩まされている人も多いもの。頭髪の状態が変化すると外見も大きく変わりますので、自分の容姿にコンプレックスを感じたり、人づきあいのさいに相手の目線が気になったり、性格的にも引っ込み思案に陥ってしまう人もいることでしょう。これらの薄毛を引き起こす原因にはさまざまなものが考えられます。まずは頭皮の衛生状態の悪化が挙げられます。これは皮脂やフケやゴミなどが毛穴を詰まらせ、頭髪の成長が妨げられるとともに頭皮の血行が悪化してしまうことにより、栄養不足に陥った頭髪は次々と抜け落ちてしまいます。

 

次に頭髪に悪影響を及ぼす生活習慣によって血行悪化や皮脂の大量分泌を引き起こしている場合も考えられます。仕事や責任、人間関係によるストレスや睡眠不足、栄養分の偏った食生活、運動不足、ニコチンやアルコールの過剰摂取などが引き金となって薄毛を悪化させることも少なくありません。

 

そして3つ目に挙げられるのがAGAです。これは精巣にて作り出される男性ホルモンが身体の内部を巡る中で頭皮にある5αリダクターゼという特殊な酵素と反応してDHTという物質を作りだし、これを毛乳頭が感知することによってすぐさま頭髪の細胞分裂をストップさせ、なおかつ栄養分の吸収もやめるように信号を発するというもの。こうしてヘアサイクルが大きく乱されることによって健康的な状態にもかかわらず退行期となり、やがて抜け落ちていってしまいます。特に額の両サイドや頭頂部といった部位は男性ホルモンの影響を受けやすいことで知られており、AGAを発症するとこれらの部位を中心にDHTが分泌され、弱まった頭髪が次々と抜け落ちていきます。

 

このAGAを発症する原因には親から受け継いだ遺伝子が関係しているとも言われます。特に母方から受け継いだ遺伝子の中にAGAを引き起こす遺伝子情報が含まれており、もしも母方の祖父や母の男兄弟などに薄毛の人がいる場合にはその影響を子どもも受け継ぐ可能性があるので注意が必要です。